投資を始める!と意気込んだものはいいものの、いざやってみると無理な方法で大損…という方を何人も見てきました。どんな投資にも言えることですが、決して無理をしてはいけません、こちらでは投資におけるリスクリターンや投資への心構えを紹介します。

投資について教えてもらう女性

中国株の暴落に備えた投資とは

中国株が軟調に推移しています。すでに不動産バブルは崩壊の兆しを見せる中で、長く期待された成長を背景とした株式相場の上昇余力も無くなってきています。いつ相場が反転して暴落へと向かうのかが注視される中で、投資家の動向が注目されています。一般的に投資資金は軟調な相場から好調な相場へと移ることになります。日本株も上昇基調から反転の兆しが見えていますが、ここで買い増しを行うのか、それとも利益確定をするのかを問われています。さらなる上昇を期待して購入した場合に、下落が続くと大きな損失を出す可能性が出てきます。そのために空売りが増えている銘柄も多く見られるようになっています。すでに多くの投資家は、中国株の暴落に備えたポジションを作り始めているわけです。銘柄によっては信用買いを減らして空売りを増やしていることからもその動きが確認できるものです。信用取引をしない投資家の場合には、利益確定を行った上でしばらく休むのもひとつの手段となります。世界に目を移しても、安心して投資できる市場がなかなか見つからないものです。そのような場合には、空売りを行うファンドを利用するのがお得です。株式相場の下落に備えて利益を出せるようなポジションを作ることが必要となるわけです。通常であれば下落相場では利益は出せないと考えるものですが、空売りを利用することにより下げ相場でも利益を出すことが可能となります。そして世界的に存在感の大きな中国株式の暴落は、空売りポジションに大きな利益をもたらすと考えられます。個人で信用取引を行わない場合には、先物を利用するかファンドを活用して積極的に利益を追求することができることになるわけです。