投資を始める!と意気込んだものはいいものの、いざやってみると無理な方法で大損…という方を何人も見てきました。どんな投資にも言えることですが、決して無理をしてはいけません、こちらでは投資におけるリスクリターンや投資への心構えを紹介します。

投資について教えてもらう女性

無理な投資は厳禁です

投資にはリスクがつきものですが、それだけに許容できないぐらいの損失を出してしまうような無理なやり方というのは禁物です。
大きく儲けようと思ったら、それだけリスクも大きなものとなってしまうのですが、そこまで行ってしまうと投資ではなく投機であったりギャンブルになってしまいます。
もちろん、これらの行為が必ずしも悪いということではなく、許容できる範囲であれば問題ないのですがそうでないのであれば、やめておくのが鉄則ということになるのです。

リスクの分散をした上で、ハイリスクハイリターンの物に手を出すというのはひとつの投資戦略として悪くはありませんが、リスクの高いものだけに無理をして突っ込んでしまうと大きな損失を出した時にどうすることもできなくなってしまいます。
無理な投資というのは失敗をする可能性のほうが高く、冷静な判断をすることが出来なかったり余裕が無いことによって損を出してしまう可能性が高くなってしまいます。

無理して投資をすればもう少し利益を伸ばせそうな場面であっても、マイナスになってしまうリスクを考えると早めに利食いをせざるを得なかったり、あるいは少しの含み損でもすぐに損切りを迫られてしまうということがあります。
逆に損失が大きくなりやすいだけに、損切りの判断が贈れてしまって利益が出るときには小さく、損失は大きくということにいなりやすいので無理のある投資はリスクばかりが大きなものとなってしまうため厳禁なのです。

余裕が有る時に投機性の高い投資に手を出すというのは、効率よく資産を増やすために有効となりますがそうでない時期に無理をするのはただ損失の可能性だけを高めてしまう行為なので注意をしましょう。